ブログやインターネットのウェブサイトで見かける、誰が始めたかわからないけど突然流行りだした言葉たち。これは インターネットスラングの一種で、注目された発言や文章などについて、真似をしたり一部を改変してそのバリエーションを楽しむことを 「ガイドライン」と呼ぶそうです。そんな「ガイドライン」の中で最も印象に残ったものは…《いいえ、ケフィアです。》でした。

 1位の《いいえ、ケフィアです。》は、2007年に放送された やずやの 「やずやの千年ケフィア」のCMコピーが元になっています。インパクトのあるキャッチコピーがネットユーザーの心を掴み、ちょっとした質問の返答に使用したり、ブログなどのオチに使われたりすることで広まってゆきました。2位の《人生オワタ\(^o^)/》は 「2007年最も検索されたネットスラングランキング」でも30位にランク・インするネットスラングの一種ですが、「人生」の部分を他のワードに置き換えて様々な事象において悲観的な事態が起きたときに使用されることも多いようです。

 他にも《だが断る》 (ジョジョの奇妙な冒険)や《駄目だこいつ…早く何とかしないと…》 (DEATH NOTE)など、アニメ・漫画内に登場した台詞から発生したものや、《ついカッとなってやった、今は反省している。》や《働いたら負けかなと思ってる》などニュース番組のコメントから生まれたもの、さらには《ボコボコにしてやんよ》や《( ゜д゜ )こっち見るな》など、画像や アスキーアートから生まれたものもあり、あらゆるものが「ガイドライン」として使われる可能性があります。本当、 ネットは広大だわ……

 インターネットスラングと同様、ブログなどに添える形で上手に使えばこちらの意図がより深く伝わるかも。ただし使いすぎは相手に誤解を与える場合があるのでご注意を。