学校の勉強や会社での仕事。あともう少しで終わるのに、なんだか集中力が切れてきた……そんなとき、あなたならどうする? 「気持ちを集中したい時に行うことランキング」では、多くの人が《カフェインをとる》ようです。

 コーヒーなどに含まれる カフェインには、穏やかな覚醒作用や集中力・記憶力を高める作用があるといわれています。また作業の合間の一杯は、疲れた体や頭をリラックスさせてくれ、気分転換にももってこい。ただしカフェインを摂取しすぎる生活をおくっていると、 カフェイン依存症になってしまう危険性もあるのでご注意を。また、眠気が襲って集中力が途切れたときは、《カフェインをとる》より短い《仮眠》をとったほうが効果的との研究結果も出ています。

 「うるさいと集中できない」人も多いのか、《部屋を静かにする》《テレビを消す》といった項目も上位にランク・インしました。テレビから聞こえるセリフや会話、歌詞の入った音楽など、人の声が聞こえるものにはつい耳を傾けてしまう人も多いよう。集中すればこれらの音も聞こえなくなる、との意見もありそうですが、音自体を最初からシャットダウンしてしまうことで、集中できる環境を作るのはやはり効果がありそうです。

 なお、集中力は鍛えれば高めることのできる能力だそう。普段から一定時間作業に集中する時間を設けておくと、それが習慣となり、集中力を高めることができるそうです。集中力を高めて、勉強や仕事もささっとこなせる人を目指してみてはいかがですか?