恋愛において、「愛されているな〜」と思う瞬間ってとても幸せですよね。でも、そんな気持ちは、月日を重ねれば重ねるほど薄れてしまうものではないでしょうか? 「愛されていると感じる瞬間ランキング」では、どんな行動に愛されている実感を得るか、そんな瞬間に迫ってみました。

 気になる1位は《抱きしめてもらったとき》でした。特に 女性のランキングではダントツの1位を誇るほど。ドラマのワンシーンのように、女性は男性に包まれる瞬間が一番愛されている実感が湧くようです。

 2位は《自分が何気なく言ったひとことを覚えていてくれたとき》でした。何気なく放った言葉は、自分の記憶に残らなくとも相手の心に深く刻まれているものです。こうした記憶は思い出の場所やシーン、そして当時の音楽などとともに、思い出の1ページになるのではないでしょうか。こちらは 男性のランキングで1位を獲得しました。1位と2位では、男女でランキングの順位が逆転するという結果になりました。女性よりも男性の方が言葉に敏感なのかもしれませんね。

 そのほかの結果では、3位《手をつないでいるとき》と、4位《自分のために大きな決断をしてくれたとき》が、意外にも5位の《「愛している」と言ってくれたとき》を抑え、上位にランク・インしました。言葉よりも行動に出てみると、相手は愛されているという実感が湧くようです。

 さあ、このランキング結果を参考に、二人の愛を深めてみてはいかがでしょうか。