始まりもあれば終わりもあるのが「恋」。そんな恋の始まりのきっかけになったのは? ランキング上位には《クラスが一緒になった》《席が隣になった》《部活が一緒になった》など、近くにいる時間が増えるような出来事が入りました。

 1位は《クラスが一緒になった》。授業中はもちろんのこと、授業以外の行事も一緒に行うクラスメイトなら親しくなる機会も増えて当然。一緒にいる時間や話す機会が増えるからこそ、相手の意外な一面にドキッとしてしまう瞬間があるのかもしれません。意外にも上位に入ったのが、2位の《自分が一目ぼれをした》。一目見た相手に惹かれてしまう 「一目ぼれ」なら、きっかけはいたるところに潜んでいそう。相手のことをよく知らないというシチュエーションが、恋愛のドキドキ感を高める絶好のスパイスにもなりそうです。

 男女の出会いの場として 「合コン」も大事なきっかけのひとつに思えますが、評価は低い結果に。「合コン」に期待はしつつ、実際は昔からの友達や同じクラス、同じ職場など、自分の身近なところでの「恋のきっかけ」を探す方が現実的なのかもしれませんね。