家に帰ると、ついついスイッチを入れてしまう「テレビ」。一人、部屋の中にいてもテレビの中の人の顔や声を見聞きするだけで安心してしまうので、テレビをずっとつけっぱなしにしている方も多いのでは? いまや、生活には欠かせない「テレビ」。2011年に予定されている地上デジタル放送への完全移行に備え、「ブラウン管テレビ」から「薄型テレビ」への買い替えを検討されている方も多いようです。サイズも機能もバリエーションに富んだ製品が次々と発売されていますが、せっかく買うのだから、より自分のライフスタイルに合ったポイントを重視した上で購入したいものですよね。

 「テレビを買うときに重視するポイントランキング」で、1位にランクインしたのは《画面の大きさ》。薄型テレビは画面サイズが大きくても画像がキレイなので、せっかく買うなら、映画やスポーツを大画面で楽しみたいですよね。同様に2位には、《液晶のキレイさ》や4位に《ハイビジョン対応》もランクインしています。 ブラウン管テレビ画像に見慣れていたら、薄型テレビの画像の美しさは、目を見張るものがあって、それこそ画面に釘付けです。

 どんな家電を購入するときも気になってしまうのが、3位にランクインした《消費電力》。キレイな画面だからといって、一日中テレビをつけていると、家計を圧迫…ということのないように、消費電力も選ぶ重要ポイントと感じている方が増加傾向です。また、最近の家庭用ゲーム機の画面や機能の高性能化にともなって、13位《動画で残像が残るか》や12位《接続端子の種類》なども重要視されています。映画のような迫力の映像を自分でストレスのなく動かす喜びはひとしおですね。

 ボーナス商戦から秋モデル発表の時期にさしかかった今が、まさに買い替え時。ただ、買い換える際は、生活スタイルに合わせた「サイズ」や「機能」選びを心がけて、自慢の逸品を入手しましょう!