古くは 「万葉仮名」として使われていた漢字が起源となり、今でも日本語の主要な文字として使われている 「ひらがな」。私たちが書く文章の7割程度は「ひらがな」で書かれているとも言われ、ゆえに「ひらがな」をきれいに書けるかどうかで手書き文章の美しさの印象が決まるとも言われています。そこで全48種ある「ひらがな」のうち使うことの少ない 「」 「」の2文字を除いた46種についてうまく書けない「ひらがな」を聞いたところ、《を》《ふ》など、曲線が独特でバランスをとりづらいひらがな文字が上位にくる結果となりました。

 「本を読む」など、文中の格助詞として使われることも多い《を》。うまく書くコツは、3画目の始点が右側に出るように書くとよいようです。ちなみに「お」と《を》の違いを表わす言葉としては「大阪の『お』、尾張の《を》」というのが有名ですが、地域によって特徴があるよう。北関東では「重たい《を》」と呼ばれていたり、「くっつきの《を》」と呼んだりする地域もあるようです。

 文字は書き方を練習することで上達しますが、いつもより丁寧に書いてみるだけでも、きれいな文字に見えるはず。何より、メールが普及して文字を書く機会自体が減ってしまった昨今。友人への連絡も、たまにはメールではなく、ハガキに自筆の丁寧な文字で近況を知らせてみてはいかが?