付き合い始めたその日から幸せな毎日が永遠に続く…なんて、うまい具合に進まないのが恋愛。いくつもの試練が二人の間を妨げようとしますが、壁を乗り越えた数だけ二人の関係はさらに深い絆で繋がるのかもしれません。「あると燃える恋愛の障害ランキング」では恋愛をする二人に、さらに火をつけるものに迫ってみました。

 1位にランク・インしたのは《社内では付き合っていることを言えない》。同僚同士、上司と部下、社員と取引先の人といったように、職場にも恋のきっかけは意外と転がっているもの。周囲の状況などを考慮して秘密にしている関係だけに、それぞれが親しくしている異性の存在やイベントごとなど、二人が燃えるきっかけは沢山ありそうです。

 次いで2位には《遠距離恋愛》がランク・イン。ケンカをしたときや、寂しいからといってすぐに会えない距離が一段ともどかしいもの。仕事を持っていればなおさら時間の都合がつきにくく、電話やメールなどマメな連絡が距離を縮める手段として活躍しそうです。また相手が海外にいる場合には、距離に加え時差の障害も。

 3位の《両親に反対されている》は、両親に反対されようが止められないのが恋心。しかし二人の世界に没頭するあまり、周りが見えなくなるのは危険信号かもしれません。

 次々と訪れる試練。それらを一緒に乗り越えられたとき、二人の恋愛が本物になると信じて頑張ってほしいですね。