止まらない 物価高騰にますます固くなる財布のひも— 身の回りのちょっとしたものを買う時や、外食をする時などにも、「これは高いからやめておこうかな」と考えることが多くなりました。この「高い」というラインをどこに引くか、身近なものに限っていえば、1,000円を基準としている人が多いのではないでしょうか。そこで「1,000円を超えると高いと思うものランキング」を聞いてみると麺類が1、2位となりました。

 1位と2位に選ばれたのは、《ラーメン》と《うどん》の麺類コンビ。いずれも原材料である 小麦の価格が急騰している昨今、何かと注目度の高い食品です。特別な具材が入っていなければ、《ラーメン》なら600〜700円、《うどん》なら300〜600円程度で食べられるお財布に優しい食べ物ですが、いつも素のままではちょっと寂しいところ。高級食材の天ぷらがドンと積まれた《うどん》や麺が隠れるほどのチャーシューやフカヒレが乗った《ラーメン》など、1,000円オーバーの一品を注文すれば、いつもよりリッチな気分に浸れることまちがいなしです。

 温めるだけですぐ食べられる3位の《レトルトカレー》も、1,000円を超えると「高い!」と感じるものの1つ。スーパーで売られている一般的なもので1人前100〜300円前後、高級とされるものでも500円程度で買えてしまう《レトルトカレー》。1,000円超えともなれば、 「松阪牛ビーフカレー」(スギモト)や三浦半島産の極上黒毛和牛を使った 「葉山牛カレー」(調味商事オンライン)、石垣牛を使った 「いしがきかりー」(はるこま屋)など、数えるほどしかないようです。臨時収入があった時などにはぜひ試してみたいですよね。

 5位までを食品が占める中、雑貨・日用品類の中でトップになったのは6位の《靴下》。毎日履き替えるものだけに、3足1,000円がデフォルトなんていう人も多いはずですが、大事な取引先との会席で今にも破れそうな《靴下》ではいかないようくれぐれもご用心、。また12位には《義理チョコ》が。義理で1,000円は出せぬ…という女性の声が聞こえてきそうです。

 このほかにも《シャンプー》や《栄養ドリンク》など、さまざまなものがランク・インしています。1,000円以上になれば、価格に見合った要素が付加されています。節約も大切ですが、たまにはお財布の紐を緩めてリッチな気分を味わってみてはいかがでしょうか?