中国地方の日本海側に位置する 「鳥取県」。この県名を聞いて思い浮かべるのはやっぱり《鳥取砂丘》! という人は多いようです。大ヒットマンガ 『ハチミツとクローバー』の一場面として出てきたことで、「行ってみたい!」と思った人も多いのでは? 美しい砂が作りだす造形美を楽しむもよし、砂の斜面を利用して 「サンドボード」などのスポーツを楽しむもよし。様々な楽しみ方ができる《鳥取砂丘》は、鳥取観光には欠かせないスポットです。

 3位の《水木しげる/水木しげるロード》は、知る人ぞ知る、鳥取県の名所。 『ゲゲゲの鬼太郎』でおなじみの 水木しげる氏が 鳥取県境港市出身だったことから、約800メートルの街道に『ゲゲゲの鬼太郎』でおなじみの133体の妖怪が居並ぶ《水木しげるロード》ができました。街道の数ヶ所に置かれた 『妖怪ポスト』からハガキを出すと妖怪の消印がつくそうなので、今年の暑中見舞いはここから出してみては? 8位の《三朝温泉/皆生温泉/はわい温泉》のように、鳥取県には温泉もあります。「にほんのハワイ」として有名な 「はわい温泉」は、2004年に合併してできた 湯梨浜町(ゆりはまちょう)の温泉。湯梨浜町は「温泉の『湯』」、「二十世紀梨の『梨』」、「砂浜の『浜』」と、鳥取の特徴をあらわした町名になっており、鳥取を訪れた際には立ち寄ってみるのもよいかもしれません。