インターネットで気になる商品の詳細を調べたり、企業情報を調べたりしているときに、インターフェースの使い勝手の悪さや閲覧性の低さに「何なんだ、このウェブサイトは!」と叫んでしまった経験——。誰しも一度はあるのではないでしょうか?

 「企業のウェブサイトで困ってしまうことランキング」の1位は《情報が数ヶ月間更新されていない》でした。3位の《「準備中」のコンテンツだらけ》も同様ですが、せっかく情報を求めて企業のウェブサイトを見てみたら古い情報しかなかったり、コンテンツが未完成だったりしたらがっかりしてしまいますよね。こうしたウェブサイトは「こんなに更新されてないなんて、この会社大丈夫かな……?」と経営状態まで疑われてしまうため、企業にとってもマイナス効果を与えてしまいます。毎日とは言いませんが、小まめに更新することを心がけてほしいですよね。

 5位に入った《トップページからオールフラッシュ》は、「困ってしまう」というよりも「うっとうしい!」と感じる人が多いようです。 インターネットコムgooリサーチが2006年に実施した調査では、 「サイトのFlashなどの全画面広告は見ていますか」という質問に対して、実に9割の人が「すぐにスキップ」または「しばらくしてスキップする」と回答しています。フラッシュコンテンツは効果的に使えば訪れた人に強い印象を与えることが可能ですが、やはり何事も「ほどほどが大事」ということでしょうか。うっとうしさに関しては6位に入った《ポップアップがどんどん開く》もひけを取りません。インターネットブラウザには標準で ポップアップブロック機能が標準搭載され、さらにセキュリティソフトが スパム広告とみなして警告メッセージを表示するなど、フラッシュ以上に歓迎されていないというのが実情です。

 このほか10位までには《情報が多すぎで探している情報にたどり着けない》、《商品一覧などの一覧ページがない》、《問い合わせ先が明記していない》など、「企業のウェブサイトとしてちょっと問題があるのでは……?」というものが数多くランク・インしています。インターネットでの情報収集があたりまえになった現代において、ウェブサイトは「企業のもう1つの顔」と言っても過言ではありません。多くの人に見てもらう「顔」のケアなのですから、もう少しまじめに取り組んでほしいものですよね。