今日は待ちに待った 合コン。男性なら、話しのネタも、盛り上げ用のゲームもバッチリ仕込んで、女性ならモテメイクに勝負服を準備して、いざ出陣!と、会場に一歩足を踏み入れたら「い、家に帰りたい…」。 始まってもないのに家に帰りたくなる合コンとはどんなものなのでしょうか。「行った途端に帰りたくなる合コンランキング」では相手側をそんな気持ちにさせてしまうシチュエーションに迫ってみました。

 1位にランク・インしたのが《メンバーのうち、半分以上が遅刻》でした。 アフター6に待ち構える合コンをよそに、上司から急ぎの仕事を任されるなんてことは仕事上よくあること。とはいえ、当初の人数の半分が遅刻し、さらに招かれた初対面同士だけが会場に、という合コンはやっぱり帰りたくなるもの。 「恋人との初めての旅行で気をつけることランキング」でも1位に《集合時間を守る》がランク・インするなど、合コンのみならず、その先のお付き合いでも時間のルーズさは印象を悪くするだけに気をつけたいところですね。

 2位は《相手グループが明らかに退屈そう》。露骨に態度に出さなくても相手には意外と伝わっている可能性も。また、4位《自己紹介で全く盛り上がらない》もコミュニケーションの問題です。準備をすればリスクを減らせるのは3位の《お店の食事がまずい》。美味しい食事を堪能すれば、自然と会話が発生するかもしれません。 「合コンの店を選ぶポイントランキング」なども参考に、お店の雰囲気、お料理などにもこだわりたいところです。5位は《第一印象で好みの人がいない》は、どうにもならないかも。外れと思ってあきらめるのもいいですが、次につなげることを考えるとここで出会ったのも何かの縁と、楽しみを見つけてみるのもいいかもしれません。

 また近頃では、 ゴルフ合コン合ランなどの、スポーツを絡めた新しいタイプの合コンもお目見えしているようですし、ランキング結果を参考に参加者全員に「楽しかった」といわせる合コンにしたいものですね。