2002年からスタートしたピン芸コンクール 「R-1ぐらんぷり」。 だいたひかるほっしゃん。なだぎ武など、数々の ピン芸人がこのコンクールをきっかけにブレイクしたのは皆さんもご存じのとおり。このコンテストの特徴の1つ言えるのが、完全なピン芸人以外だけでなく、普段はコンビで活躍している芸人のピン芸が楽しめるところ。現在コンビとして活躍している芸人の中にも「この人のピン芸だったら見てみたいな」という人は多いのではないでしょうか?

 「ピン芸人でも活躍できそうなコンビ芸人のメンバーランキング」で1位に選ばれたのは、 「雨上がり決死隊」の《宮迫博之》。プロも顔負けの歌唱力で 「DonDokoDon」の 山口智充と組んだユニット 「くず」でヒットを飛ばす、俳優として映画 『妖怪大戦争』や舞台 『空中ブランコ』に出演するなど多方面で才能を発揮していますが、テンションの高い強烈なキレキャラはピン芸人としても魅力十分です。続く2位には 「くりぃむしちゅー」の《上田晋也》がランク・イン。旧コンビ名 「海砂利水魚」時代にはボケもこなしていたからでしょうか(現在はツッコミ)、いじる側にまわってもいじられる側にまわっても場を盛り上げてみせるセンスはさすがの一言。9位には相方の《有田哲平》もランク・インしています。強烈なボケキャラが魅力の彼ですが、学生時代は 立教大学法学部で弁護士を目指していたというかなりの知性派。バラエティなどでは個性的なキャラとして多いに番組盛り上げていますが、その裏には徹底した計算が隠されているのかもしれませんね。

 女性陣でトップに立ったのは、 「オセロの白い方」としておなじみの《松嶋尚美》。出身大学から「出身者であることを明かさないで」と言われてしまうほどの天然ボケと大物タレント相手にも平然とタメ口ツッコミを入れる怖いもの知らずのキャラクターが魅力で、老若男女を問わない幅広い層から支持を得ています。人気トーク番組 『きらきらアフロ』では大ベテラン・ 笑福亭鶴瓶との見事な掛け合いを披露しており、トークのセンスもかなりのものと言えるでしょう。

 このほかにも《田村淳》や《太田光》、《千原ジュニア》など、いずれ劣らぬ芸達者が上位に名を連ねていますが、意外なことにコンビそろってのランク・インは「くりぃむしちゅー」ただ一組でした。最近は 「ジャリズム」の 「世界のナベアツ」のようにコンビ芸人でありながらピン芸人として活動する人が増えていますが、コンビの時とはまたひと味違った魅力を再発見できることもあり、こうした動きがますます活発になることに期待したいですね。