料理をする際には欠かせないものと言えば 調味料。調味料は基本的に肉や魚、野菜など素材を選ばずに使えるものですが、最近では素材に合わせた専用の調味料を使うこだわり派も増えているようです。素材の味を引き出し、料理のおいしさを2倍にも3倍にもしてくれる魅惑の 専用調味料——あなたにぴったりの専用調味料ははたしてランク・インしているのでしょうか?

 「一度は使ってみたい専用調味料ランキング」の第1位は、 島根県雲南市で生まれ、専用調味料ブームの火付け役となった《おたまはん(たまごかけごはん専用)》。 国内産丸大豆を木桶で熟成させ、かつお節とみりんを加えて作った業界初のたまごかけごはん専用醤油で、2002年に発売されるや大ヒット。化学調味料を使わないヘルシーさに加え、関東風と関西風の2種類が用意されているのがうれしいですね。全国では、このほかにも数十種類のたまごかけごはん専用醤油が発売されているそうなので、スーパーやデパートの食料品コーナーをチェックしてみては?

 3位の《キャベツのうまたれ》は、博多の焼鳥屋で前菜/サイドメニューとして出される ざく切りキャベツのタレにヒントを得た専用調味料。黒酢を使ったさっぱり味が特徴で、キャベツ以外の野菜にも相性ばっちり。野菜嫌いの子どもも《キャベツのうまたれ》をかければモリモリと野菜を食べてくれるそうです。

 《うどん醤油》や《おもち専用醤油》など、このほかにも醤油ベースにの専用調味料がズラリと並んだ今回のランキング。ランキングには入っていませんが、 「アイスクリームにかける醤油」や、ワインビネガー/ガーリックを配合した 「サラダ醤油」、 「おとうふとチーズと納豆にかけるお醤油」、 「バターごはん専用醤油」と、まだまだユニークな専用醤油が販売されているので、調味料好きなら一通り試してみたいものですね。