再開発事業が行われて、どんどん新しくなっている 東京駅周辺のスポット。昨年、駅ナカ商業施設《GranSta(グランスタ)》や 「グラントウキョウ」がオープンしたのも記憶に新しいところです。そんな東京駅周辺のスポットで人気の場所はどこ? 「東京駅周辺で行ってみたいスポットランキング」の1位は《新丸の内ビルディング》でした。2位には、ビジネス書の蔵書が日本随一とも言われる《八重洲ブックセンター本店》がランク・イン。ビジネスに観光にショッピングにと、多くの人が訪れる東京駅エリアの顔が並ぶ結果となりました。

 1位の《新丸の内ビルディング》は2007年4月にオープンし、3位の《丸の内ビルディング》と並んで、東京の人気スポットとなっています。買い物や食事ができる地下1階から7階までの《新丸の内ビルディング》商業ゾーンのコンセプトは“素敵な時間”。ゆったりとした空間で上質な時間を過ごしてみたい、そんな人にオススメの場所のようです。3位の《東京駅赤レンガ駅舎》は、1914年に建てられた当初は3階建ての建物でしたが、 東京大空襲で焼失し、再建された2階建てが現在の姿。現在は復元工事が進められており、2011年度の完成予定。開業当時の《東京駅赤レンガ駅舎》が見られるまでにはまだ時間がかかりますが、今から完成が楽しみですね。

 5月の大型連休中は、 東京国際フォーラムで開催される 『ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭2008』に連動し、丸の内エリアでもクラシックを中心としたコンサートなどのイベントが開催中。東京駅周辺の新スポットにまだ行ったことがないという人は、この機会に一度足を運んでみてはいかがですか?