秋が深まると、山々を赤く染める紅葉が人々の目を楽しませてくれます。人気の紅葉スポットは各地にあり、多くの観光客でにぎわいを見せています。今回はそんな数ある紅葉の名所の中から、関西エリアで行ってみたい紅葉スポットについてみなさんに聞いてみました。


 1位に選ばれたのは《嵐山/京都府京都市》でした。世界的にも有名な観光地、京都市の西に位置する嵐山。桂川に掛かる渡月橋から眺める紅葉は、まさに絶景! 世界中から訪れる多くの観光客で賑わいを見せています。2位は《吉野山/奈良県吉野町》がランク・イン。桜の名所として有名な《吉野山/奈良県吉野町》ですが、紅葉もまた絶景で春とはまた違った景色を思う存分堪能できます。世界遺産にも登録されている吉野山の見事な紅葉は一見の価値があります。3位は《もみじ山/兵庫県宍粟市》が選ばれました。《もみじ山/兵庫県宍粟市》は、最上山公園の西側にあり、自生する国産のモミジを始め、カナダや中国産のカエデが美しく色づく山として知られています。紅葉の最盛期には、山全体が燃えるように赤く染まり、紅葉のトンネルを楽しみながらの散策は、癒しのひと時を感じさせてくれます。4位の《大原三千院/京都府京都市》は京都市左京区大原にある寺院です。静寂に包まれた境内には、苔に覆われた緑の地面と燃えるような紅葉のコントラストが、美しい景観を見せてくれます。5位に選ばれている《保津峡/京都府亀岡市》は、亀岡から嵐山まで保津川を下りながら見事な紅葉を楽しむ人気の紅葉スポット。特に、嵐山駅からトロッコ列車で亀岡駅まで乗車し、二時間かけて川下りをするコースがおすすめです。
 ランキングを見ると、京都がダントツの人気を集めているようですね。他にも、関西エリアには、多くの人気紅葉スポットがあります。このランキングを参考に、この秋にぜひ訪れてみてはいかがでしょう。

調査方法:アイブリッジ(株)提供の「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2014年10月1日~10月3日
有効回答者数:500名(男性:250名 女性:250名)