目鼻立ちがはっきりとした顔立ちの人を見かけると「ひょっとしてハーフなのかな?」と思うことがありますよね。テレビで見かける有名人をハーフだと思っていたら、実は違ってびっくりした経験はありませんか。今回の調査では、顔がとてもはっきりしているのにハーフではないと知って驚いた有名人を聞いてみました。


 1位には、ハーフのような彫りの深さが美しい《スザンヌ》でした。名前からもハーフと勘違いしそうですが、結婚前の本名は山本紗衣だそうです。家族も全員日本人でありながら、飲食店を営む母は「キャサリン」、ローカルタレントとして活躍する妹は「マーガリン」と名乗っているそう。もちろん皆さんハーフではありません。2位には、歌手の《平井堅》が選ばれました。《平井堅》はハーフあるいは沖縄出身と思われがちですが、大阪生まれで三重県育ちです。3位にランク・インしたのは《名倉潤》。お笑い番組などでタイ人みたいだといじられることがよくありますよね。4位の《阿部寛》と5位の《北村一輝》は共に、顔の濃い俳優たちが古代ローマ人を演じる映画『テルマエ・ロマエ』に出演し、話題となりました。2作目の『テルマエ・ロマエ2』も大ヒットし、《阿部寛》は「天国のお母さん、濃い顔に生んでくれて、ありがとう」とコメントしています。
 顔が濃い有名人はまだまだまだたくさんいます。印象に残ることが大切な芸能人にとって、顔の濃さは有利なのではないでしょうか。

調査方法:アイブリッジ株式会社(株)提供の「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2014/7/10~2014/7/14
有効回答者数:500名(男性:250名 女性:250名)