のんびりとした時間が流れ、のどかな沖縄の景色や自然を楽しむことができる石垣島。最近は沖縄本島だけでなく石垣島にまで足を伸ばす人も増えてきています。そこで今回は「石垣島に訪れたら食べてみたい石垣島グルメ」を探ってみました。


 食べてみたい石垣島のグルメ1位は《八重山そば》でした。沖縄そばの一種であり、石垣島で多く食べられています。沖縄そばの中でも比較的細く丸みのある麺が特徴です。かつおダシのあっさりスープは沖縄本島でよく食べられているものと似ていますが、トッピングの豚肉の切り方は細めであったり、石垣島独特の文化が反映されています。2位は《石垣牛》。今や有名なブランド牛のひとつとして知られている石垣牛。温暖な気候の石垣島で育った石垣牛は、脂肪のサッパリ感が特徴で、肉本来の赤身の旨味が堪能できます。ステーキ、焼肉などで食べるのがおすすめです。3位は《アーサ汁》です。アーサ汁とは石垣島近辺でとれる海藻をたっぷりと使用したお吸い物です。石垣島では家庭料理として普段から多くの家庭で食べられています。特徴は鮮やかな緑の見た目。海藻の緑色が印象的ですが、見た目の色合いとは裏腹、やさしくホッとする味わいです。注目すべきは4位《ゆし豆腐》です。ゆし豆腐は石垣島の郷土料理のひとつとして知られています。豆乳ににがりを入れただけ、固める前のおぼろ状の豆腐です。お醤油をサッとかけて食べると濃い大豆の風味を楽しめます。さっぱりと食べられるので暑い気候の石垣島にピッタリのお豆腐です。8位の《パパイヤちゃんぷるー》も気になるところ。ゴーヤーちゃんぷるーに、細切りのパパイヤを入れた炒め物です。シャキシャキとしたパパイヤの食感がクセになると人気です。
 このように沖縄本島と少し違った独特の食文化を持つ石垣島。羽田空港からの直行便ができたことからも今までより訪れやすくなりました。沖縄本島よりものんびりとした時間が流れる石垣島で、おいしい島グルメを堪能してみてはいかがでしょうか。