少しでも節約したい、ランチで外出する時間がないなど、色々な理由からデスクで食事をとる人は少なくありません。しかし、ランチの内容は人それぞれ。持参したお弁当を食べる人もいれば、コンビニのパンやおにぎり、中にはギョッとするものを食べている人も…。そこで今回は、絶対にツッコミたくなる、職場で隣の人が食べているシチュエーションについて探ってみました。


 1位は《炊飯器を持参して炊き立てのお米を食べる》でした。炊き立てのお米はもちもちでおいしいですよね。しかし、隣の人が取り出したのがノートパソコンではなく炊飯器だった場合、間違いなく「それ持参したんかいっ!」と多くの人がツッコみたくなるはず。しかもかなりの確率でデスクにふりかけ等のごはんのお供があるはずなので、そちらへのツッコミもお忘れなく。2位は《ジューサーと生野菜を持参してスムージーを作りだす》でした。最近美容と健康の面から注目されているスムージーですが、隣で作り出したら驚きますよね。しかも音が大きいジューサーを使うあたり、明らかにツッコミ待ちです。そんな人には鋭角的なツッコミをしてあげるとよいかも。夏場は野菜がダメになりやすいので出社時に「冷蔵庫入れますか?」と少し早めのツッコミを入れてあげてください。3位は《大量のゆでたまごをひたすら剥いて食べる》でした。隣の人がもくもくとゆでたまごを剥いて口に運ぶ様は、誰が見てもギョッとしますよね。そういうときはあえて“ツッコまない”というツッコミをしてみてはかがでしょうか。
 デスクでのランチは節約や時短につながるかもしれませんが、周囲の人の迷惑にならないように持ち込むものは意識したいところです。意外にも、炊飯器以上にデスクで食べるカレーの方が、周囲への影響力は大きいかも?

調査方法:アイブリッジ株式会社(株)提供の「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2014年6月30日
有効回答者数:500名(男性:250名 女性:250名)