寒い冬には、無性に熱々の味噌ラーメンが食べたくなります。そして暑い夏には、味噌ラーメンを食べる事でミネラル分を補給しスタミナをつけると共に、発汗作用によって涼を感じることも出来ます。

味噌ラーメンの元祖は1955年頃に、札幌の「味の三平」で店主が豚骨スープに味噌を加えて作られたものといわれています。その後、1965年の高島屋物産展で味噌ラーメンの実演販売実施、1968年にはサンヨー食品から「サッポロ一番みそラーメン」が発売されるなど、空前の札幌ラーメンブームによって全国に一気に広まりました。これにより、醤油ラーメン、塩ラーメンに次ぐラーメンの一つとして、「味噌ラーメン」が定着していったのです。そして各地で、その土地の味噌の特徴を生かした独自の味噌ラーメンが生まれ、長年親しまれてきています。ご当地味噌ラーメンとして有名なところだけでも、札幌・仙台・山形・新潟・鹿児島など多種多様。
もちろん、醤油や塩に比べて味噌ダレで安定した味を作りやすい反面、ラーメンとしての旨さを追求し、その店ならではの個性を出していく事は決して簡単ではないでしょう。近年では、複数の味噌をブレンドして味を調える事は当たり前となり、味噌汁から発想を得た当初のスタイルとは異なる新しい味噌ラーメンも続々と誕生しています。そんな味噌ラーメンの歴史と無限の可能性を感じられる東京のお店10軒を、毎日の様にラーメンを食べ歩くタベアルキスト達がセレクトしました。この中に、あなたの味噌ラーメンのイメージを変える一杯があるかもしれませんよ。

このランキングを作成した人:このランキングは、美味しいものを楽しく共感できる「食べる!」、「飲む!」が好きなタベアルキスト達が選んだ、
実名制の食べ歩きコミュニティ「TabearukistAssociationの麺料理グループ」によるものです。
※このランキングに関する解説はすべてタベアルキストによるものです。