インドからイギリスに伝わったことをきっかけに、世界中に爆発的に拡がったカレー。日本では、小麦粉でとろみをつけられているいわゆる欧風カレーをベースに独自の進化を遂げて浸透し、口にしたことがない人はいないほどの国民食となりました。


生クリーム等を多用せず、欧風カレー以上に粘度のある日本のカレーは「カレーライス」、海外からは「日式カレー」などとも称され、一つのジャンルとして認知されているほど。また、スープ状の「スープカレー」や、カレーを餡としてパンの中につめる「カレーパン」など、日本独特の調理法も多数考案されています。
日本で口にする機会の多いカレーといえば、カレーライスの他にはインドカレーやタイカレーがあります。実はインドでは「カレー」という食べものはなく、インド料理における煮込み料理を総称して、海外の人々がカレーと呼んでいるにすぎません。また、同じインドのカレーでも北部と南部では性質が異なり、北部のものは比較的油を多めに使っていてもったり・ドロっとしています。対して南部のものはあっさりしていてさらさらしています。ぜひ食べ比べて、その違いを感じてみてください。
また、グリーンカレーやレッドカレー、イエローカレーが人気のタイカレーですが、実はインドカレー等との関連はなく、宮廷料理に端を発する現地固有の料理だったりします。現地の料理人が現地の味を再現する各国料理店が多い中、最近はその現地の味を日本人料理人が会得して、さらに日本人の口にあうようにアレンジする料理店が増えてきました。現地の味との違いを感じ取るとともに、そのお店の料理自体のおいしさも味わう楽しみと機会が今後ますます増えていくことでしょう。

このランキングについて:
この10選は、タベアルキストアジアグループのメンバーが、「リピートしている」「リピートしたくなる」「人に教えたくなる」の3つの視点で厳選し、解説したものです。