おかずとご飯が一つになっている“丼”は幸せそのもの。蓋をあけるとニコニコしてしまう方も多いのではないでしょうか。


  江戸の町人文化の中で忙しい時にすばやく食べられる食事として花開いた丼文化。歴史は浅く、1837年創業の浅草「三定」の天丼が始まりだといわれています。また、土用の丑の日だけでなくいつでも人気の「鰻丼」は19世紀初めに登場。江戸下町のご馳走ともいわれるアサリ、ハマグリやアオヤギとネギなどの野菜などを煮込んだ味噌汁をかけた「深川丼」は江戸時代末期に作られたといわれています。今や国民的ファーストフードの「牛丼」や、文明開化期に日本に入ってきた玉ねぎと牛肉を卵でとじた「開化丼」は明治初期。受験生の定番ともいえる「カツ丼」は大正時代の初期に登場したとか。
「丼」といえども様々。それまでの白米とおかずは別に食べるという常識を覆し、丼の様式は人々に受容され様々な料理をご飯に載せて食べる事が広がっていったのです。今日では様々な具材を使ったバラエティ豊かな丼が食べられるようになっています。まさに、白米とおかずの組み合わせが器の中で無限広がる米料理と言えましょう。そんな足を運ぶ価値のある様々な丼を、タベアルキストが厳選しました。

このランキングについて:
この10選は、食べ歩きの達人ことタベアルキストが「リピートしている」「人に教えたくなる」の2つの視点でお店を厳選した10選です。