恋人と過ごす時間は少しでも長く持ちたいのに、物理的な距離があるためにそれが叶わないのが 「遠距離恋愛」。寂しい気持ちを抑えつつ、距離を乗り越えて恋愛を長引かせるコツは? 1位に《電話やメールの回数をなるべく増やす》が入ったほか、《相手の話をよく聞くよう努力する》《相手の生活リズムを尊重する》など相手を尊重する行動も上位にランク・インしました。
 遠距離恋愛では、離れているからこそ近くにいるときよりもコミュニケーションを密にとることが大切、と考える人は多いようです。だからこそ《電話やメールの回数をなるべく増やし》たいけれど、ネックになるのが通信料金。以前行った 「遠距離恋愛をしているとつらいことランキング」でも、《電話代が高い》は上位にきています。携帯電話の通話無料プランや、インターネット電話の Skype(スカイプ)やメッセンジャーのような安く、快適に相手とやりとりができる手段を利用するのは、遠距離恋愛中の二人の間では常識なのかも。
 離れていると相手の行動が見えづらくなり、ついつい自分の都合を押し付けてしまう…という状況もおこりやすいもの。《相手の話をよく聞くように努力》したり、《相手の生活リズムを尊重》したりすることで、遠距離恋愛中のイライラやケンカはかなり抑えられるかも。また、会える回数が限られているからこそ、記念日は大切にしたいもの。《誕生日などの記念日を絶対に忘れない》のは遠距離恋愛の基本中の基本ですが、さらに《会うときは特別感を出す》ことで、よりロマンチックな恋愛を楽しむことができるのは、遠距離恋愛の特権かもしれません。