同じ趣味を持つ人が集まって活動する 同好会。世の中には、料理やスポーツと言ったメジャーなものから、マニアックなものや名称を聞いただけではどんな活動をしているのか分からないものまで多種多様な同好会が存在します。今回は、そんな「ちょっと変わった」同好会を集めてみました。
 1位に選ばれたのは、この季節にはぴったりの《散歩同好会》。さほどマニアックでなく気軽に参加できる同好会が良いという人にはお薦めです。カメラ片手に撮影しながらの散歩やペットとの散歩など、散歩にもいろいろとありますが、最近では自転車で気ままに走る散歩 「ポタリング」も人気のようです。
 「何か利益が得られる同好会が良い」という方なら、2位の《株主優待同好会》はいかがでしょうか? 株式を発行している 上場企業の多くは、株主にさまざまなサービスや自社商品などを提供する 株主優待の制度を導入しています。株主優待の内容に関しては各社さまざまですが、《株主優待同好会》で情報交換をしておけば、トレーディングをする際の楽しみも増えますよね。
 ランキングで目立ったのは、やはり《珈琲同好会》や《インスタントラーメン同好会》、《混ぜご飯同好会》などの食べ物系の同好会。隠れた名店の情報交換をしたり、自分では思いつかなかった新メニューのアイデアが得られたりと食生活の幅を大きく広げてくれそうです。食べ物系では、このほかにも《見切り品同好会》、《マイナー(変わり種)飲料同好会》など、かなりマニアックなものもランクインしました。
 《深読み同好会》や《恋愛体質同好会》など、名称だけではどのような活動をしているのか分からない同好会も多数登場した今回のランキング。「変わった同好会に参加するのも面白そう」と感じた方は、一度 gooホームmixi(ミクシィ)などの大手SNSで同好会のコミュニティを探してみては?