男性週刊誌などで、セクシーな水着姿を披露するグラビアアイドル達。後に女優やバラドル、司会者として幅広く活躍することも多いのですが、今回は、90後半~00年代前半のグラビアアイドルで、今でもグッとくるのは誰か選んでもらいました。


 1位になったのは《優香》。その愛らしい顔つきと魅惑的なスタイルでブレイクして以来、マルチタレントとして活躍し続けています。『王様のブランチ』、『グータンヌーボ』などで司会業も長年こなしていましたが、今年は映画『黒執事』や舞台『酒と涙とジキルとハイド』に出演するなど、女優業をメインに活動しているそうです。2位は《眞鍋かをり》。政治番組に出演することも多く、知性派のイメージもある彼女ですが、インタビューによると、20歳の頃は政治にはまったく興味がなく「政見放送」を「まさみ放送」と読んだこともあるのだとか。過激な発言をあっけらかんとすることでもよく知られ、彼女のブログやTwitterに魅了される男性は後を絶たないそうです。6位《ほしのあき》は、ベビーフェイスに似つかわしくないセクシーボディで多くの男性を虜にしました。  男性週刊誌や夕刊紙では、グラビアアイドルの敬称は「クン」と書かれることが多いそうです。その敬称を定着させたひとり、かつて若者向けカルチャー誌『ホットドッグプレス』の編集者を務めた石黒謙吾氏によると、「『ちゃん』はガキっぽいし『さん』は逆におばさんっぽい。『クン』が一番親しみが湧くので相応しい」とのこと。男性のこだわりや理想を詰め込んだグラビアアイドル達。時代の違いはあれど、男性を惹きつける要素は普遍的なのかもしれませんね。

調査方法:NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション(株)提供の「NTTコム リサーチ」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:集計期間:2014/3/26~2014/3/28
有効回答者数:1,088名