明日から4月。入学や入社、異動により、知らない人ばかりの環境になる人も多いはず。初対面の人との会話を弾ませるのはなかなか難しく話題に困ることも多々ありますが、そんな時に思わず相手にふってしまう話題と言えば? 1位はおなじみ、《天気の話題》となりました。
 天気の変わりやすい イギリスでは自然と話題も天気のことになりやすいと言いますが、日本でも《天気の話題》は重宝する話題のひとつ。この時期、朝の天気予報では天気や気温だけでなく花粉の飛散情報を流していることも多いので、相手が花粉症の場合には「今日は花粉が少ないみたいですね〜」と花粉の話題も入ってきそうです。2位には《出身地》、3位には《住んでいる場所》がランク・イン。偶然にも《出身地》や《住んでいる場所》が近くてお互いの距離が一気に縮まった、なんてこともありますが、人によっては「プライベートな話題はしたくない」と思う人もいます。話題がないからといって相手のことを根掘り葉掘り聞くのではなく、話の流れでそれとなく聞いてみつつ、相手が曖昧に答えたらそれ以上深堀しない、といった配慮が必要でしょう。
 初対面の相手には 「政治」 「宗教」 「家族、家族構成」の話題や、対立しやすい 「スポーツ」の話題は避けたほうがよいと言われています。それでも、これから付き合いが長くなりそうな人であれば、相手の興味関心は知っておきたいもの。《趣味》や《今日のニュース》について話題を切り出しつつ、相手との会話を通して相手のことを知る機会を持ちたいものですね。もちろん、そのときは自分のことを話すこともお忘れなく。
 人見知りをしやすいなど、初対面の人が多い環境では緊張しやすいと言う人は、事前に話題を用意しつつ、 「初対面の異性の好印象ポイントランキング」も参考に、相手によい印象を残すための準備をしてみてはいかがですか?