何歳くらいの人を「オジサン/オバサン」と呼ぶかの判断は難しいところですが、年上の人のある行動を見て「これだからオジサン/オバサンは…」とつい思ってしまうことは多々あります。なかでもそう思ってしまうのが、相手が《「最近の若い人は…」》と言ったとき。逆に自分がこのセリフを言ってしまったら、相手から「これだからオジサン/オバサンは…」と思われている可能性が高いことになります。

 自分よりも若い世代の考え方や行動は、理解できないことも多いもの。そんなとき《「最近の若い人は…」》と言って片付けることはよくあります。でも、その言動こそが「オジサン/オバサン」への第一歩。《人の話を聞かない》《すぐに過去を語りたがる》などの自己中心的な行動もオジサン/オバサンに多いと思われているようですが、長年積み上げてきたものがあるからこそ、若い人に対して自慢も含めて話をしたいと思う気持ちもあるもの。ただし以前と比べて 「飲みニケーション」が減っているとも言われている現在、飲みの席で若手社員を捕まえて一方的に過去を語ると、相手から「だからオジサン/オバサンは…」と思われている可能性もあるので要注意です。

 「『いまどきの若い者は…』とつい言ってしまいそうな瞬間ランキング」では、《地べたに座る》《言葉遣いが汚い》など若者のマナーに関する項目が上位に入りましたが、《人目を気にせず大きな声で話す》《席を譲らない/席取りが激しい》などの行動はオジサン/オバサンの方が目に付くという結果になりました。「オジサン/オバサン」と呼ばれたくないあなたは、ランキングの項目をよくチェックしてみてくださいね。