酢飯の上に様々な具を散らすことから名前が付いた「ちらし寿司」。握り寿司に使用する寿司種を使用して作ったのが始まりだそうです。使用するネタは、マグロ・ネギトロ、ホタテ、サケ、イカ、エビ、タコ、イクラ、ウニ、カニなどのさまざまな魚介類と、卵焼きやガリなど寿司の素材に用いられるものが一般的です。


 東京のちらし寿司は江戸前の寿司屋が始めたそう。江戸前の握り寿司屋は明治以降に広まり、その後誕生したちらし寿司は比較的新しい料理です。また、毎年6月27日は、ちらし寿司の日とされています。江戸時代前期の岡山藩主・池田光政が質素倹約を旨とする「一汁一采令」を発布し岡山城下からひそかにちらし寿司が広がったとされていることにちなんで、池田光政の命日がちらし寿司の日になったそう。

 旬のネタで季節を味わえるちらし寿司を、繁盛店から隠れた名店まで幅広く食べ歩き独自の観点から10選にまとめてみました。ぜひ足を運んで堪能してみてください。



このランキングについて:
この10選は、タベアルキスト日本料理グループのメンバーが、「リピートしている」「リピートしたくなる」「人に教えたくなる」の3つの視点で厳選し、解説したものです。