「団塊の世代」の大量定年退職により、これからは就職・転職が以前に比べて 「売り手市場」となったといわれています。より簡単に就職・転職ができる機会が増える一方、就職面接の緊張感は今も昔も変わらないもの。面接時に一つでも確実に好印象を与えられる要素があると心強いですね。「面接時に好印象がもってもらえるのでは」と就職希望者が思っている資格は《英語に関連する資格・講座》でした。
 1位は《英語に関連する資格・講座》。特に 男性のランキング結果ではダントツの結果となりました。国際化社会と叫ばれてはや十数年。日本だけではなく、世界的企業でも通用できることをアピールするには、英語は大きな武器になるのかも。2位は、仕事上欠かせない道具となった《パソコンに関連する資格・講座》。 女性のランキングでは1位にランク・インしました。今ではワード・エクセルなどのソフトは使えて当たり前と思われていることもあり、資格をもっているのは強みになりますね。
 8位と意外な健闘をみせたのは、《中国語に関する資格・講座》でした。今年開催の 北京五輪に向けて、はたまた急成長をみせる中国経済に対して必要性を感じてなのでしょうか。今、注目を浴びていることが伺えます。
 志望する職業によっては特殊な資格も必要な場合もありますが、たいていの場合は資格が必要ないことが多いです。しかし、資格を取得してライバルに差をつけてしまうのもありかもしれませんね。