囲炉裏端の鍋から、座敷に七輪や鍋を持ちだして食べるようになったのは、文化が爛熟した江戸時代後期。


町家では、すすや煙がきらわれたことから台所と食事をする場が切り離され、火床は薪をたく囲炉裏から、木炭を用いるコンロへと変化しました。そして塩や味噌が主体だった調味料に醤油やみりんが加わり、鍋料理はもとより日本料理そのものが確立。懐石の献立にみる「椀物」も、その始まりは鍋料理なのです。
つまり、鍋料理は日本料理のルーツ。しゃぶしゃぶや野菜の鍋から、ふぐやすき焼きまでバリエーションも多種多様で、味の好みも細分化してきています。

 今回のランキングでは、老舗の鍋から最新の鍋まで食べ尽くしてきたタベアルキスト達が、「リピートしている」「リピートしたくなる」「人に教えたくなる」の3つの観点で、厳選鍋料理をいただくことができるお店10軒をセレクトしました。
湯気の向こうに家族や親しい友人の顔を見ながらひとつ鍋をつつく際に、参考にしてみてはいかがでしょうか。


このランキングを作成した人:このランキングは、美味しいものを楽しく共感できる「食べる!」、「飲む!」が好きなタベアルキスト達が選んだ、
実名制の食べ歩きコミュニティ「TabearukistAssociationの日本料理グループ」によるものです。
※このランキングに関する解説はすべてタベアルキストによるものです。