次々恋人ができるのに、半年も持たずに破局する…そんなカップルは周りにいませんか? その背景には性格の不一致だけでなく、やはり二人の価値観や環境的な問題が潜んでいるようです。そこで今回は“破局しやすいカップルの特徴”をさぐってみました。


 1位は《金銭感覚に差がある》でした。自分は一生懸命節約してムダのない生活をしているのに彼は近い距離でも構わずタクシーを使う、旅行で素敵なホテルに泊まりたいのに彼は汚いホテルでいいから安いところに泊まりたがる、誕生日プレゼントに何十万もの時計をいきなりプレゼントされる…などなど、金銭感覚のずれが少しずつ溝を作り、ゆくゆくはすれ違いへと発展してしまうようです。2位は《愛情に温度差がある》でした。片方は毎日でも会いたいのに、片方は月に一回のペースでいいとなるとお互いどこかで我慢が生じてしまいます。また、自分はすごく好きなのに、相手はそうでもないといった悲しい状況もあり得ます。恋愛においては妥協や折衷案で解決…とはいかないので難しいところですね。3位は《互いに自分しか興味がない》でした。相手を思いやる気持ちがないと人との付き合いは長続きしませんよね。自分しか興味がない同士のカップルは自然消滅の確立が高いかも!?
 このように、残念ながら“好き”という気持ちだけでは人と長く付き合うことは難しいようです。付き合う前にコミュニケーションをしっかりととって、お互いの価値観や考え方、生活スタイルを知っておくことも大切ですね。

調査方法:NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション(株)提供の「NTTコム リサーチ」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2014/2/20~2014/2/24
有効回答者数:1,047名