セクシーさの基準である「胸」。寄せたり上げたり、いかに美しく魅せるか日々努力している女性は日本中に溢れていますが、今回は女性が憧れる「隠れ巨乳」有名人といえば誰か、教えてもらいました。


 1位に選ばれたのは、好感度抜群、清純派のイメージも強い《綾瀬はるか》です。昨年のNHK大河ドラマ『八重の桜』では着物姿で八重役を演じましたが、実は着物が一番キレイに見える体型は、凹凸がない寸胴なのだとか。ナイスバディの彼女は、いろいろな補正アイテムを使ってなんとか乗り切ったのかもしれません。2位は独特の存在感を放つ実力派女優、《真木よう子》。セクシー女優として知られる彼女、大胆なシーンにも果敢に取り組んでいますが、2006年に劇場公開された映画『ベロニカは死ぬことにした』では美しいヌード姿が話題になりました。3位に選ばれた《長澤まさみ》は、映画『モテキ』で《真木よう子》と共演しています。

 大きな胸は、Tシャツを着ても襟付きの服を着ても存在感抜群。役どころによっては目立たないようにするために苦労をしそうですが、キュッとしまったウエストや小さな顔とのメリハリがある美しいバスト、「天は二物を与えず」なんて大ウソですよね。

調査方法:NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション(株)提供の「NTTコム リサーチ」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2014 /2/20~2014/2/24
有効回答者数:1,047名