新年度のバタバタが落ち着いた途端にふと訪れる5月病。晴れやかな気候とは裏腹に気持ちがすっかり沈んでしまいますが、今回は5月病をどうやって乗り越えるか、みなさんに聞いてみました。


 1位は《ショッピングをしてスカッとする》。街に出れば、もうすぐ訪れる夏に向けたアイテムがずらりと並んでいます。鮮やかな色合いのカバンや服を見れば、憂鬱な気分は吹っ飛びお出かけモードに。ただし、ストレス解消のために後先考えずに大量の買い物をしてしまうリスクもあるので、お目付役の家族や友人と一緒に行く方がいいかもしれません。2位は《休みをとってゴロゴロする》。やる気のないときは無理に自分の気持ちに逆らわず、何もせずにボーっするのも一手です。たとえその場所が高級リゾート地ではなくても、自分にとってもっとも安らげる環境をつくり、思う存分リラックスできれば、最高に贅沢な休日だといえるのではないでしょうか。たっぷりリフレッシュしたら心機一転、日常生活に戻れるでしょう。3位は《運動で汗をかいてサッパリする》。新学期の生活が慌ただしくて自分の時間を持つ余裕がなかった人も、無理をしない程度の運動で体を動かせば、「生きている自分」を実感してリフレッシュができそうです。

 5月病を解消するコツは、生活習慣に気をつけるとともに、予定を詰めすぎないようにして自分を追い込まないことだそうです。気楽に構えて、いつもの自分に戻るのを待つのがいいのかもしれませんね。

調査方法:NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション(株)提供の「NTTコム リサーチ」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2014 /2/20~2014/2/24
有効回答者数:1,047名