海外からの信頼性が高いメイドインジャパン製品。「日本人は手先が器用で丁寧」というイメージは、メイドインジャパン製品のクオリティや安全性の高い品質からきているのかもしれませんね。中には「こんなところにまで!?」と意外な場所で活躍しているメイドインジャパン製品もあります。今回はそんなメイドインジャパン製品で凄いと思うものをみなさんに聞いてみました。


 最も多くの人が選んだのは《パルテノン神殿の柱の継ぎ目》でした。19世紀に大規模な修復作業が行われたパルテノン神殿は、世界遺産に認定されている古代ギリシアの建築の傑作。耐食補強材として神戸製鋼所のチタン建材が1979 年に初めて使用されたそうです。2位にランク・インしたのは医療用器具の専門メーカーである河野製作所の《世界最小・直径0.03ミリの針糸(糸付きの手術針)》でした。この針糸のおかげで、それまで不可能だった直径0.1ミリの血管の縫合もできるようになったそう。経済産業省の「ものづくり日本大賞」も受賞しており、国お墨付きのメイドインジャパン製品ですね。つづく3位はSDC田中の《国際宇宙ステーションと「きぼう」を接続するネジ》でした。2008年に日本の実験棟「きぼう」と国際宇宙ステーションをつないだこのネジは、当時従業員数22人のSDC田中で作られたそうです。

 他にも《「ロレックス」や「ブルガリ」などの時計の文字盤》《iPodの鏡面》など、世界中で親しまれているメイドインジャパン製品がたくさんあります。気になる人はランキングの続きをチェックしてみてはいかがでしょうか。

調査方法:NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション(株)提供の「NTTコム リサーチ」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2014 /2/21〜2014/2/22
有効回答者数:1,082名