長寿番組もあり、ファンの多いクイズ番組。中には一般視聴者が出場できる番組もありますが、今回はみなさんに、挑戦してみたかった歴代クイズ番組について聞いてみました。


 クイズに全問正解した成功者だけが得られる“一千万円の夢”《クイズ$ミリオネア》が堂々1位に。当初は一般参加者のみでしたが、話題の人物や有名人芸能人も挑戦する形式に変わり、「挑戦したかったのに」という思いをいまだに持つ人が多いのでしょう。挑戦者は「ライフライン」「フィフティ・フィフティ」「テレフォン」「オーディエンス」といった正解へのヒントをもらえる手段を持ち、司会者・みのもんたと正対して駆け引きをしながら回答を進めていくスタイルが斬新でした。特に最終的な回答の決定に対して使った“ファイナルアンサー”という言葉は、定番ワードになるほど浸透しましたね。

 5人1組の家族対抗クイズ番組《クイズ100人に聞きました》が2位に。文字通り100人にアンケート調査をした設問について、多かった回答を当てるという簡単なクイズ番組でしたが、「ある!ある!ある!」の大声援と人気司会者・関口宏の絶妙な進行で、老若男女問わず人気を集めました。難しい問題に答えるクイズ番組ではなく、仲良し家族なら気軽に出演できるという印象も挑戦してみたかった理由の一つでしょうね。クイズ日本一を目指してアメリカを目指すという壮大なテーマが挑戦意欲をかき立てた《アメリカ横断ウルトラクイズ》が3位に。空港でのクイズチャレンジ、勝者は渡航、敗者は帰国など筋書きのないドラマさながらの展開が、ただの早押しクイズ番組とは異なる最大の魅力だったのでしょうね。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:22320票
投票期間:2014/1/27~2/21
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません