学生時代にはあまり興味がわかなかったのに、社会人になって世界が広がってから改めて「あの分野の勉強、しとけばよかった…」と思う経験をしたことのある人は少なくないのでは。そこでみなさんに「学生に戻ったら受けてみたい授業」を聞いてみたところ、1位は《IT、情報処理》となりました。


 時代の流れと共に、新技術がどんどん開発される《IT、情報処理》分野。学生時代に基礎の基礎でも学んでおけば、仕事のプラスになったり、今とはまた違ったキャリアが築けたりしたかもしれない——そう考える人が多いのかもしれません。2位には《通貨・貨幣・金融》がランク・イン。結婚したり、家を建てたり、子どもの教育費に頭を悩ませたり。社会人になってからお金の問題に直面することは少なくありませんが、そんな時に知識不足もあって「投資」に手が出せず歯がゆい思いをしていたとすれば、《通貨・貨幣・金融》を勉強したい! という気持ちになるのもうなずけますね。

 勉強は「学びたい!」と感じた時が始めるベストタイミング。しかしながら、仕事をしながら大学や大学院に通うのは大変そう…という人にオススメなのが、最近日本でも話題となっている「MOOC(ムーク)」。「MOOC」とは大学レベルの授業がインターネット上で受けられる仕組みのことで、誰にでも基本無料で公開されているため世界にはすでに1,000万人以上の受講生がいます。日本でも最近「gacco(ガッコ)」というサービスが立ち上がり、こちらは現在受講生を募集中。慶應義塾大学村井純教授の「インターネット」でIT、情報処理を学び、東京大学本郷和人教授の「日本中世の自由と平等」で歴史に学ぶ…。一流教授陣の授業を受けられるチャンスなので、興味のある人はぜひウェブサイトから情報をチェックしてみてくださいね。

調査方法:NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション(株)提供の「NTTコム リサーチ」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2014/2/14
有効回答者数:1,059名