2013年下期も数々のドラマがお茶の間を大いに盛り上げてくれました。今回は昨年下半期に放送されたドラマ(※)で、特に好感度が高かった主演俳優をみなさんに選んでもらいました。


 圧倒的多数で1位を獲得したのは、『半沢直樹』『リーガルハイ』という2本の話題作に主演した《堺雅人》。下半期の前半クールで放送された空前のヒット作、『半沢直樹』の熱血サラリーマンとは真逆の、癖の強い毒舌弁護士、古美門研介役。あまりのギャップに驚いた人も多かったのではないでしょうか。これほど大活躍したにも関わらず、2013年末に受けたインタビューでは「やりがいのない一年だった」と答えて話題になりましたが、与えられた役に全身全霊で力を注ぐ彼だからこそ、色々複雑な思いがあるのかもしれませんね。しかし視聴者としては、次にどんな役を演じてくれるのか、やっぱり楽しみにしてしまいそうです。2位には『海の上の診療所』で医師役を務めた《松田翔太》が選ばれました。これまでどちらかというとクールで捉えどころのない役柄が多かった彼ですが、明るく女好きで、ときにスリッパではたかれるようなコミカルな瀬崎航太役を演じ、新しい魅力を知ったという女性ファンも多そうです。3位は、ジャニーズアイドルでありながら、『クロコーチ』でひと癖ある強面の刑事役を見事に演じ切った《長瀬智也》が選ばれました。

※2013年7月〜12月に放送されていたドラマが対象とし、単発放送のスペシャルドラマや有料チャンネルで放送されたドラマ、およびお昼の時間帯の放送ドラマは除きます。

調査方法:NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション(株)提供の「NTTコム リサーチ」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2014 /1/27〜2014/1/30
有効回答者数:1,141名