2013年のTVドラマ界もさまざまな話題作が生まれましたが、その中で多くの人が主演女優に注目したのは!? 今回は下期のドラマ(※)に主演した女優で好感度が高かったのは誰か、みなさんに選んでもらいました。


 話題作、ヒット作がひしめく中で、堂々1位に輝いたのは《新垣結衣》。美系揃いの芸能界でもその美しさ、可憐さが際立つ「ガッキ—」ですが、2期目を迎えた法廷コメディ『リーガルハイ』では、理想を追う熱血弁護士「黛真知子」役を見事に演じ、エンタテインメント情報誌『オリ★スタ』でも助演女優賞を獲得しました。変顔や際どいセリフもどんとこいの体当たり演技に、プロ根性を感じた人も多いのでは。本人もインタビューで、「この作品は黛を通じて、新垣結衣にいろんな試練を与えてくださいました」と語っています。2位は、『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』で、これ以上ないほどハマリ役のクールな外科医を演じた《米倉涼子》となりました。空気を読むことが当たり前のお国柄であるこの日本で、物怖じせずに言いたいことを口に出し、自分の腕一本を頼りに突き進む彼女の役を痛快に感じた人も多かったのではないでしょうか。白衣から見える見事な脚線美に見惚れた男性ファンも多そうです。3位は、NHK大河ドラマ『八重の桜』で、その花のような明るさ、愛らしさで東北、そして日本中を元気にした《綾瀬はるか》が選ばれました。

※2013年7月〜12月に放送されていたドラマが対象とし、単発放送のスペシャルドラマや有料チャンネルで放送されたドラマ、およびお昼の時間帯の放送ドラマは除きます。

調査方法:NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション(株)提供の「NTTコム リサーチ」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2014 /1/27〜2014/1/30
有効回答者数:1,141名