咳、くしゃみ、ゲップ…。自分ではコントロールできないさまざまな生理現象がありますが、しゃっくりもそのひとつ。静かな場所だと目立つので、できれば早く止めたいものですが…。今回は効果的なしゃっくりの止め方を、みなさんに聞いてみました。


 しゃっくりを止める民間療法は色々ありますが、1位になったのは《水を一気飲みする》。同様に4位《コップに半分ほど水を入れて、手前から飲むのでなく、向こう側から飲む》、5位《下を向いて水を飲む》と、水を飲むことで止めるという方法が多数上位にランク・インしました。しゃっくりは医学的には、「横隔膜の痙攣(けいれん)」という現象。呼吸を止めて体内の酸素を消費することによって止まりやすくなるそうです。水を飲んでいる間は息ができないので、自然としゃっくりが止まるというカラクリですね。4位や5位は、水をさらにゆっくり飲むシチュエーションをつくることで、息を止める時間もおのずと長くなるのです。3位《人に脅かしてもらう》は、漫画などではメジャーな方法ですが、驚いて少し息が止まることでついでにしゃっくりも止める効果を狙っています。ちなみに少し変わった民間療法で、しゃっくりをしている人に「なすびの色は?」と尋ね、「むらさき」と答えさせると止まるというものがあります。こちらも突然意外な質問をされることで、思わず呼吸が止まってしまうことに意味があるのだとか。

 「息を止めることがポイント」だとわかれば、オリジナルの「しゃっくりの止め方」をあみ出すこともできそうですね。

調査方法:NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション(株)提供の「NTTコム リサーチ」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2014/1/27~2014/1/30
有効回答者数:1,141名