歓送迎会やお花見などイベントが盛りだくさんなこの季節。二次会でカラオケに行く機会も増えているのではないでしょうか。大人数で歌ったり踊ったりするカラオケは楽しいものですが、ときどき失敗して赤面してしまうことも。そこで今回は、カラオケでかいてしまった赤っ恥をみなさんに聞いてみました。


 1位は《キーの高い曲を歌ったら声が裏返った》でした。「いける!」と果敢に挑戦したもののあえなく撃沈してしまうキーの高い曲。イントロが始まってから「あれ…想定していたよりも高いな」と気づくこともありますよね。キーを下げず、原曲のキーで歌いたいというこだわりのある人もよく裏返っているのではないでしょうか。つづく2位は《歌い出しがワンテンポ早かった》でした。イントロが意外と長かったり、サビの直前にタメがあったり…。うろ覚えの曲でやりがちな失敗ですね。3位には《歌えるような気がして曲を入れたがサビしか歌えなかった》がランク・イン。テレビドラマやコマーシャルで耳馴染みのある曲を選んだらサビしか聴いたことがなくて焦ってしまうことってありますよね。中にはサビ以外をハミングで乗り切る強者もいるようです。 他には《誰も知らない曲を入れてしまい場がしらけてしまった》《「wow〜」「oh〜」など歌詞じゃない部分が多すぎた》などが上位に選ばれています。自分が気持ちよく歌えてみんなが盛り上がってくれる曲を選ぶのは難しいですよね。gooの「30代がカラオケでみんなで歌える曲ランキング」や「ボイトレの先生にきく!『カラオケでうまい!と思われやすい曲』ランキング」などを参考に選曲してみてはいかがでしょうか。

調査方法:NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション(株)提供の「NTTコム リサーチ」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2014 /1/27〜2014/1/30
有効回答者数:1,141名