本日でフジテレビの看板番組『笑っていいとも!』が32年の歴史に幕を閉じます。司会の大御所といえば、タモリをはじめビートたけし、明石家さんまなど何人かの名前が浮かびますが、今回は「次世代」の司会者として期待したい芸能人といえば誰かみんなに聞いてみました。


 1位に輝いたのは、現在も10本以上のレギュラー番組を抱え、しかもそのほとんどでMC役を務めている超売れっ子の《有吉弘之》。彼の持ち味といえば何といってもその毒舌ですが、一歩間違えれば共演者や視聴者の反感を買いそうな絶妙な例えで、笑いと共感を生み出す手腕はお見事です。するどい人間観察力と独特のセンスがあってこそなせるワザですが、これからも多くの番組でさまざまなタレントを彼のワールドに引き込みそうですね。最近はあまりに過酷なスケジュールに耐えかね、2月にはラジオ番組で仕事をセーブしはじめたことを明かしたそうです。一昔前は番組の司会者といえばアナウンサーやお笑いタレントが多数を占めていましたが、今回2位に選ばれたのは《中居正広(SMAP)》。これまで幾度となく音楽番組やトーク番組で司会を務め、その実力は折り紙つきです。相手の話を誠実に受け止めるその姿勢が、ゲストの内面を引き出すことを可能にしているのかもしれませんね。3位には同じくジャニーズから、こちらも数々の番組で着実に実績を重ねている《櫻井翔(嵐)》が選ばれました。

 その番組の成否を分ける存在である司会者。それぞれの持ち味を最大限に活かせる番組に巡る会うことが運命の分かれ道なのかもしれません。

調査方法:NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション(株)提供の「NTTコム リサーチ」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2014/1/27〜2014/1/30
有効回答者数:1,141名