恋人は普通の人がいいなあと言いながら、実は普通以下は恋愛対象としてアウト! と平気で条件をつける人も多いよう。そこで今回みなさんに、恋人に求める「普通」であってほしい要件について聞いてみました。


 多くても少なくてもやっぱりお金が大事という人が多いことがわかる《金銭感覚》が大差で1位に選ばれました。ムダ使い・浪費は傍で見ていてハラハラし、一緒にいても気になって仕方ありませんが、逆に度が過ぎる節約もイライラの原因に。「使うときは使う」「貯めるときは貯める」というメリハリも大切ですが、お金の使い方が同じ方向にある《金銭感覚》を持ち合わせていれば、お互いに穏やかな心持ちでいられるでしょうね。そして、より現実的にお金の使い方も見えてくる《年収》が3位にランク・イン。恋人の先にある“結婚”に求める要件ともいえ、そんな将来を思い描ける相手には、これからを期待できるかどうかの判断材料にもなりそうですね。いずれにしろある程度収入がないと遊んだり、外食をしたり、誕生日など特別な日にプレゼントをもらったりといった、気分のよいデート・恋愛の妨げになるのでは、という思いが強くなるのでしょうね。

 気を遣いすぎず、意思疎通がスムーズにできることが恋愛を続ける要件として大切だということがわかる《コミュニケーション能力》が2位に。「何を考えているかわからない」「隠し事が多い」「自分勝手に何でも決めてしまう」など、二人で一緒にという意識に欠けた発言や行動は、嫌われる要因になるのでしょうね。「見た目も大事」と考える人は少なくないようで、《ルックス》が4位に。ただし釣り合いは大切で、自分のことは棚に上げて、高望みをした「普通」はあまり褒められた思いとは言い難いですね。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:37989票
投票期間:2014/1/16〜1/29
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません