ルックスはもちろん、歌も踊りもハイレベルなジャニーズタレントたち。それだけではなく、「アイドル」の枠を超えた演技力を評価されるジャニーズも。今回はみなさんにジャニーズでNo.1の演技派といえば誰か、選んでもらいました。


 1位に選ばれたのは、海外でも高い評価を得ている《二宮和也》。オーディションで役を獲得したハリウッド映画『硫黄島からの手紙』では、クリント・イーストウッド監督に「類まれなる才能」と高く評価され、《二宮和也》のために脚本まで書き換えたというエピソードがあるほど。ジャニーズどころか、日本の俳優界でもトップレベルなのは間違いなさそうです。

 2位は、今年のNHK大河ドラマ『軍師官兵衛』で主役を務めるほか、主演映画『永遠の0』も大ヒットしている《岡田准一》。人気シリーズ『SP』や主演映画『図書館戦争』で披露した身体能力の高さも大きな武器ですが、正統派イケメンながら、枠にとらわれない幅広い役柄を演じられるのが彼の一番の魅力かもしれません。ちなみに枠にとらわれないといえば、《岡田准一》は出身地の大阪府枚方にある「ひらかたパーク」のイメージキャラクター「超(スーパー)ひらパー兄さん」として、おちゃらけたキャラクターで活躍中なのです。4位には、芸能界で唯一無二の存在感を誇る《木村拓哉》が選ばれました。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:31861票
投票期間:2014/1/19〜1/26
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません