「男(女)って、何を考えているのか全然わからない!」そんな魂の叫びは、毎日世界中から聞こえてきますが、今回は男性の理解しがたいのはどんなところかを聞いてみました。


 1位は《どうでもいいところにこだわる》となりましたが、男性陣からは「その言葉、そっくりそのままお返しする!」という抗議が聞こえてきそうです。男性は女性に比べると趣味に入れ込む人が多そうなので、「どうしてそんなことにお金と時間をかけるの?」「本当に必要なもの?」など、女性は思わず突っ込みたくなりますが、男性からすれば、「本当にエステに行くたびにきれいになっているのか?」「ネイルをそこまでゴテゴテ飾って何になる?」など、女性のお金の使い方にはハテナがいっぱいなのです。2位は《母親に強く意見を言えない》。付き合って早々に、彼がやたらと母親に頼みごとをされていないか、会話をしていて母親の影を強く感じないかなど気にする女性も少なくないはず。日本ではこの程度で「マザコン」認定されてしまいますが、アメリカなど海外では男性が母親に優しいことは、「ごくごく健全なこと」だそうです。母親に優しい男性は、結婚したら妻も大切にしてくれるはず、と大らかに考えられればいいのかもしれません。

 男性と女性の考え方の違いは、なんと母体にいるときからのホルモンの影響によるものだという説も。生まれる前から違うという宿命なのだとすれば、お互いの価値観を強制することなく、妥協案を探るのが建設的なのかもしれませんね。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:33435票
投票期間:2014/1/4〜1/17
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません