結婚生活に抱くイメージは人それぞれ。そこで今回みなさんに、結婚生活のイメージを漢字一文字で表すとしたらどんな漢字になるか聞いてみました。


 「バラ色の結婚生活」なんて表現は何のこと? というようなネガティブな漢字が上位に。それまで他人だった二人が一つ屋根の下に暮らすのだから、さまざまな葛藤があるのは当然の話。長く続ける秘訣はガマンすること、というのを如実に表した《耐》が大差で1位に選ばれました。言うことは言い合って、ケンカして、仲直りして——若いうちはきっとそうやっていたかもしれない二人も、いつしか片方が折れて丸く収めるコツをつかんでしまい、自然と他に目をやるようになってしまうのかも。2位に入った《忍》も似たような意味合いで、二つの漢字を合わせた「忍耐」は、文字通り「耐え忍ぶ」。これが結婚生活のイメージの代表なのですね。一方好きな二人が一緒になるのだから、絶対ハッピーウエディングという《幸》が3位にランク・イン。結婚生活は大変だけど、幸せだったという人生を過ごしたいものですね。

 人間同士のつながりを表す《共》が4位に、《縁》が5位に。文字通り《縁》あって《共》に暮らすことが結婚の一つの形であり、家族・親族も増え、それまでより多くの人間関係ができてくるのが結婚。とはいえ、実際は結婚したあとも仕事が忙しくて朝食も一人、夕食も一人なんて、世のお父さん方の嘆きが聞こえてきそうですが。《苦》あれば《楽》あり、ではないですが、紆余曲折の長い道のりが結婚生活。だから《幸》と思えるような悟りの老夫婦に接したとき、ちょっといいなあと憧れる夫婦も少なくないかもしれませんね。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:50635票
投票期間:2014/1/2〜1/15
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません