年末年始やゴールデンウィークなどの長期休みに久しぶりに帰省すると、家族から近況を聞かれる機会も少なくないはず。今回はみなさんに、家族の前ではちょっと話題にしたくないなあと思うことについて聞いてみました。


 思春期以降、異性のことは避けたい話題の一つですが、その中でも特に話しづらい話題《恋人のこと》が1位に選ばれました。親兄弟からすれば、どんな相手でどの程度まで付き合いが進んでいるのか、興味津々なのは当たり前のこと。気立てのよい人だったら紹介してほしいけれど、あまり好ましくない相手だったら別れさせなければ…などと身内ならではの変な気遣いも起こしがち。特に中・高校生などの未成年の子どもに対しては、あまり深い男女関係になっていないかなどお節介を焼いてしまう親も多く、だからこそ当人達はできるだけ隠しておきたい話題なのでしょうね。恋人も家族公認になり、お付き合いの期間も長くなると出てきそうな話題《結婚の予定》が3位に。「結婚はまだ?」とせかされてもイヤだし、「まだ早い」と反対されるのはもっとイヤ。話を切り出すタイミングが難しく、特に父親と娘の間では、なんとも気まずい話題の一つでしょう。

 家族の会話がぎこちない《どんな話題も苦手》の4位に比べ、仲が良く、あまり気にせず何でも話せる家族の方が多いことがはっきりわかる《どんな話題もOK》が上位の2位にランク・イン。最近の傾向として、威厳がある父や教育熱心な母のようなタイプより、一見友達関係のような仲良し親子が急増しているそうですが、そんなことも影響しているのかも。決して甘やかすわけではないですが、何でも話せる関係を家族の中に築くことも大切ですね。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:30371票
投票期間:2013/12/31〜2014/1/13
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません