完全新作のものからシリーズものまで、バリエーションに富んだものとなった2013年のヒットドラマ。その中には続編への期待が多く寄せられている作品もあります。そこで今回は13年放送のドラマで続編を観たいのはどれかを聞いてみました。


 1位には《半沢直樹》が入りました。同作はバブル末期に大手都銀に入行した半沢直樹が、「現代用語の基礎知識選 2013ユーキャン新語・流行語大賞」の大賞を受賞した「倍返し」の決めゼリフと共に、手柄を横取りし責任を押しつける理不尽な上司やしたたかな取引先に立ち向かうというストーリー。初回から20%を超えた視聴率は回を追うごとに上昇し、最終的には連続ドラマ今世紀最高の視聴率46.7%を叩き出しています。gooの「2010年代の「日曜劇場」、イチオシドラマランキング」や「堺雅人の出演作品、イチオシは?」でも1位に入るなど多くの話題を振りまいた同作ですが、昨年の感想を聞かれた堺雅人は「なんかしゃべり疲れて…セリフはしばらくいいなって(笑)」と本音を吐露。「しばらくは、無口でダンディでハードボイルドな男でいたいですね」と願望を明かしたそうですから、今年は寡黙な役を演じるかもしれませんね。

 2位には《あまちゃん》が入りました。gooの「岩手県といえば浮かぶものランキング」でも1位に入っています。岩手銀行系のシンクタンクである岩手経済研究所は、同作による県内の経済波及効果は32億8,400万円に上るという試算を発表。ロケ地の岩手県久慈市・小袖海岸で素潜り漁を実演する海女の活動拠点には、昨年7〜8月に前年同期の約23倍の観光客が殺到したのだとか。復興のためにも、続編の放送決定を期待したいところですね。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:32588票
投票期間:2014/1/4〜1/11
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません