いよいよ本日から国内発売が開始された新世代の据え置き型ゲーム機「PlayStation4」。昨年11月から先行発売されている海外市場では2月8日現在で累計販売数が530万台を突破しており、ライバル機である任天堂 の「Wii U 」や、マイクロソフト の「Xbox One 」を上回るペースで売り上げを伸ばしています。


 PlayStation4といえば、実写と見間違うほどの画質でゲームが楽しめるグラフィック性能や、強化されたネットワーク機能などが特徴として挙げられますが、ユーザーにとって気になるのは、やはり提供されるゲームのラインナップ。「最先端のゲームで今すぐにでも遊びたい!」という人はもちろん多いとは思いますが、「おもしろ面白いことが分かっているシリーズの新作が出てから」と考える人も少なからずいるのではないでしょうか?

 そんな慎重派ゲームファンの多くが、PlayStation3 で発売されていたシリーズの中から「このシリーズで新作が出たら絶対に買う!」と考えているのが、《ファイナルファンタジーシリーズ》です。ファミリーコンピュータ で第11作が発売されてから実に四半世紀以上の歴史を誇る国民的ゲームシリーズで、新しいゲーム機が発売されるたびに同シリーズが発売されるかどうかが話題になることでおなじみです。現時点で発売日が確定しているシリーズ作品は4月14日発売のオンライン専用タイトル『ファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼア』のみですが、こちらはすでにPlayStation3版が稼働中ということもあり、発売日未定の『ファイナルファンタジーXV』がいつ発売されるのかを気にしている人が多そうです。

 同様の人気を誇る国民的ゲームシリーズとしては『ドラゴンクエスト』シリーズがありますが、こちらはPlayStation3でナンバリングタイトル が1作も発売されておらず、PlayStation4で発売されるかどうかも今のところは不透明な状況。もし発売予定に加われば、一気にPlayStation4の売り上げが加速するのは間違いなさそうですね。

調査方法:NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション(株)提供の「NTTコム リサーチ」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2013/12/24〜2013/12/27
有効回答者数:1,076名