どんなに仲が良い恋人同士にもすれ違いはつきもの。ときには盛大にぶつかって、「もう知らない!」なんて捨てゼリフを吐きつつも、頭が冷えたら「やっぱりこの人がいい」と思い直す…という繰り返しです。今回は、恋人とケンカしても嫌いになれない理由を教えてもらいました。


 1位は《一緒にいると落ち着く》。たとえ何も話さなくても、お互いゆったりと寛いだ気持ちで過ごせる。これは二人が築いた歴史のおかげにほかなりません。一時の気の迷いで刺激を感じる別の人に心魅かれたとしても、心安らぐ関係になれるまでの期間を考えたら、恋人のありがたみを実感してしまいますね。2位は《自分を一番愛してくれている》と、「ご馳走さまです!」以外の言葉が出てこない回答になりました。フランスの新聞記事によると、男性は女性よりも慎重で「愛している」の一言をなかなか言わず、ささいな行動で愛情表現をする傾向があるそうです。アムール(愛)の国であるフランスでさえそうなのですから、感情表現が下手と言われる日本男児なら言わずもがな、ですね。「恋人の気持ちがわからない」という女性は、一度彼の表面上の言葉ではなく、彼の行動に注目してみれば愛情を感じられるかもしれません。

 お互い遠慮なく本音を言い合えるのは、信頼をしあっている証拠。しかしつい口が滑ってある一線を越えてしまうと、本当はそんな気がなくても別れへ一直線…ということもあるので、くれぐれも気をつけたいですね。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:25729票
投票期間:2013/12/21〜2014/1/3
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません