元旦の初日の出。だんだん明るくなる東の空から昇る黄金色の光を見ると、「良い年になりそう!」と感じるパワーが心身にあふれてくる気がします。日本で見る初日の出も捨てがたいですが、2014年の年明けは海外ならではのスケールの大きな初日の出を見てみませんか?

1. ダイヤモンドヘッド(ホノルル)
ワイキキビーチから見るとダイヤモンドヘッド方面から日が昇るので、陽の光にダイヤモンドヘッドのシルエットが浮かび上がります。ダイヤモンドヘッドに登って山頂から初日の出を見ることもできます。

2. アンコールワット遺跡(シェムリアップ)
遺跡の背後からゆっくりと日が昇ります。池の水面にも遺跡の姿と太陽が浮かぶ幻想的な美しさにため息。初日の出を見る人々でかなり混雑するので、早めの入場を。

3. グランドキャニオン(グランドキャニオン国立公園)
この壮大な風景を前に新年を迎えられるなんて感動です! 日が昇り岩肌が赤く染まる風景はまさに絶景。かなり寒いので、温かい服装で出かけましょう。

 初日の出を見る、という習慣は海外ではあまりないので、一部のスポットを除けば人混みで大混雑ということもなく、のんびりと日の出を楽しめます。初日の出を見る現地ツアーが催行されているスポットも。壮大な風景と初日の出のパワーで、2014年も良い年にしましょうね!

 なお、JTB海外航空券では初日の出のおすすめスポット、ホノルルなどの都市への空席状況をご紹介中。まだまだ予約は間に合うのでぜひご覧ください!

作成:トルノス編集部