香ばしい香りと口の中にジュワーッと広がる鶏肉のうまみが、一度食べれば病みつきになるローソンのからあげクン。定番の「からあげクンレギュラー」や「からあげクンレッド」はもちろん大人気ですが、期間限定で発売される地域限定味を毎回楽しみにしている…というコアファンも多いのでは? そこで今回はローソンの「中の人」に、人気だったご当地からあげクンをランキング形式で教えてもらいました。


 見事1位に輝いたのは、今年8月に発売された《からあげクン 瀬戸内塩レモン味》。瀬戸内産レモンの果汁と鳴門の塩でさっぱりと仕上げられたこのからあげクンは、レモンの酸味が暑い夏にピッタリの一品でした。ベストカラアゲニストのヒャダインさんと下野紘さん、そして日本唐揚協会会長の安久鉄兵らが瀬戸内の素材にこだわって考案したというこだわりっぷりを聞けば、堂々1位を獲得したのも納得です。2位と3位にはそれぞれ北海道限定のからあげクンがランク・イン。3位の“ザンタレ”とは、唐揚げ“ザンギ”に甘酸っぱいたれをかけた北海道ならではのご当地食。ザンギの有名店“西洋堂 南蛮酊”は“ザンタレ”発祥の店として知られていますが、このお店が《からあげクン 北海道ザンタレ味》を監修したそう。“ザンタレ”ファンの評価も上々だった…というのもうなずけますね。

 今月10日には、ご当地からあげクンの最新作「からあげクン 広島風お好み焼き味」が発売開始されました。乾燥キャベツ、アオサ、ネギ、そしてお好み焼きには欠かせない広島の「オタフクソース」が使われている今回のからあげクン。唐揚げとお好み焼きがどんな風にマッチするのか…とにかく、食べてみるしかなさそうな一品ですね。

調査方法:このランキングは株式会社ローソンの売上データを集計したものです。発売初週の販売数をもとに算出しています。